コレステロールには良いものと悪いものがある

シニアの男女

血液サラサラで血行改善

サプリ

血液がドロドロだとスムーズに流れません。血流が悪くなることで起こる症状も色々で、肩こりや疲れもその一つです。血流を良くするサプリでは、血管そのものを健康にするものや体を温めることによって流れを良くするものがあります。サプリを服用するとともに、規則正しい生活と送るとなお良いでしょう。

More Detail

原因と対策のまとめ

メディシン

低血圧は自律神経の乱れや病気、下半身の筋力の不足により引き起こされます。そのため、なるべくストレスをため込まないようにして、適度な運動をする必要があります。健康的な生活をすることが、症状改善の鍵となります。

More Detail

本人にしかわからない辛さ

ドラッグ

低血圧は、血管を流れる血液の圧力のことで、多くが体質や生活習慣によるものですが、病気が潜んでいることもあります。症状には、立ちくらみやめまい、朝起きるのが辛いなどが知られていますが、周りからはわからない辛さが本人にはあります。低血圧の症状改善には自律神経とホルモンバランスを整えることが効果的です。

More Detail

痩せて健康的な体にする

栄養剤

コレステロールは、細胞膜を作る原料となっている体内で欠かせない脂質です。必要なコレステロールの半分以上は、体内で作られて残りは食べ物から作られています。コレステロールにはそれぞれ善玉と悪玉のものがあり、悪玉のものは血管の内部にはりつくことで血液の流れが滞り様々な病気のもととなる動脈硬化を引き起こします。一方の善玉コレステロールは、悪玉を排除して血管の健康を守ります。善玉を増やすことで悪玉を減らすことが出来ます。食事の改善も大切ですが、同時に有酸素運動を行っていくと良いと言われています。有酸素運動の中でも、特に水中歩行を行うと血行が促進されて善玉が増えるとともに筋力も付くので痩せやすくなります。

悪玉コレステロールを減らして善玉を増やすには、代表的な有酸素運動の一つである水中歩行を行いながら必要な栄養素も摂っていくことが大事です。悪玉コレステロールの上昇を抑えて減らす働きがあり、逆に善玉コレステロールを増やす働きのあるものとしてナットウキナーゼやDHA、EPAなどがあります。ナットウキナーゼは納豆から、DHAやEPAは青魚から摂取することが出来るので食品を中心に摂取するようにして栄養の補助としてサプリメントも取り入れながら摂取するようにします。必要な栄養素を摂取して水中歩行を行っていくことで、正常値の安定したコレステロールが維持できるようになり健康を維持していくことが出来るようになります。